丹田を使う技

実家での施術の様子

リフレクソロジーの施術にベッドを使うところがありますが、わたしはいつも椅子を使います。

椅子に座ってもらい、施術する足をわたしの膝の上にのせます。

こうすることで、からだ全体を使って丹田からグググッと圧を加えられるのです。

膝を上下させれば、膝にのせた足の高さが変わるので、つま先からかかとまで無理なく施術することができます。

若石リフレクソロジーの認定プロ講座では、この姿勢について厳しく教えられます。

しかし、実家で両親の足もみをしようとしたとき戸惑いました。

実家は椅子に座る生活スタイルではないのです。

わざわざ椅子に座らせたら嫌がるかも……。

悩んだ結果、布団に寝転んでもらうことにしました。

布団での施術方法なんて習っていませんから、はじめはギクシャクしました。

でも丹田を使う姿勢はつくれたので、試行錯誤しながら自分のスタイルを見つけていきました。

高さの調整は、小さな枕を使ったり、膝立ちになったりと工夫しています。

両親のおかげで、布団の上でも施術できるようになりました。