いちごは茎がおいしい

いちご

先日、いちご狩りに行きました。

制限時間いっぱい、いちごだけでお腹いっぱいになる、という幸せ。

1年に1回くらいはいいですよね!

その後、とある講演会で驚きの事実を知りました。

実は、いちごの表面についているゴマみたいなつぶつぶが「果実」なんだそうです。

目を凝らしてよぉ~く見ると、つぶの先からぴょこんと何やら出ています。

このぴょこんと出ているのが雌しべで、つぶの中身は種です。

雄しべはというと、がくの下に隠れるようについています。

なんとなく、つぶつぶが種だと思っていたのは当たり。

でも、いままで実だと信じて疑わなかった、あの赤いおいしい部分。

あの赤い部分の正体は、実ではなく「茎」!

花床(かしょう)といって、茎の先端が膨らんだもの。

まるで果実みたいでややこしいので、偽果(ぎか)というそうです。

すっかりだまされていました。

茎がおいしいなんて、野菜みたいやん。

と何気に調べてみたら、いちごは分類上は野菜になるそうです。