大切な人のためにもリフレクソロジー

若石リフレクソロジストのプロになるための講座、認定プロコース後半がスタートしました。

今日、明日と授業をして、明後日が卒業試験です。
受講生のみなさんは試験を控えて不安そうな顔をしていますが、わたしはもう卒業しているので試験はありません。

こんなに穏やかな精神状態で後半の授業を受けるのが申し訳ないです。
でもきっとみんな大丈夫ですよ。

卒業してからが本当のスタートです。
認定証をもらっても、それはただの紙切れです。

さて、若石の認定プロになっても、全員がリフレクソロジーを仕事にするわけではないんです。
(他のリフレクソロジースクールの内情を知らないので、若石だけの特徴かどうかはわかりません。)

大切な人のためにリフレクソロジーを学びたいと、若石の門を叩く受講生が少なくないんです。

障害を持つ子どものために学ぶお母さん、病気がちなお母さんのために学ぶ娘さん、介護が必要な親のために学ぶ息子さんなど、大切な人のために何かできることを身につけたいという思いが動機になっているんですね。

最上級のプロコースとまではいかなくても、もっと簡単に足もみのやり方を習いたい方は、きよみんの足もみ講座がありますよ!