【グッズ】一番おすすめの足もみ棒

【グッズ】一番おすすめの足もみ棒

足もみを習慣づけるには、思いついたときにサッと足もみできる環境を作っておくのが大切です。

目につくところ、すぐに手が届くところに足もみグッズを置いておくのがコツ。

ほんの数分の空き時間に、迷うことなく足もみをはじめられれば、ちょっとのヤル気で継続できます。

足もみグッズも使いやすいものを。

道具選びはとても大事です。

踏む系の道具(マット、ローラー、板など)を使うのもいいですが、丁寧に細部まで老廃物をかき出すには手を使うことになります。

素手でもむのは大変です。
超初心者のころは手指の刺激でも十分ですが、少し慣れてくると物足りなくなるでしょう。

若石のプロはお客様の足をオールハンドで施術しますが、自分の足をもむときは棒を使います。

若石健康研究会のオリジナル足もみ棒「愛心棒(あいしんぼう)」です。

とにかく持ちやすい。

グッと手の中で握れるから、力が入れやすいんです。
だから「しっかり」「深く」もむことができます。

独特の形は、反射区によってそれぞれ使うところが決まっています。

64カ所すべての反射区について、「この反射区は愛心棒のこの部分をこのように使う」と考えられた形なんです。

きよみんもこれまでいろんな足もみ棒を試してみましたが、愛心棒が一番のお気に入りです。

ほかにもお気に入りの棒はありますが、部分的に使っています。

基本は愛心棒。

きよみんの木屋町サロンで取り扱っているので、欲しい方はお問い合わせくださいね。

 

よかったらシェアしてね!

自分と家族の足もみができるスキルを身に付ける

台湾の若石健康研究会が開発した、自分足もみに最適な足もみ棒(愛心棒)とオリジナルメソッドによる本格的な足もみ講座が京都で受講できます。

足もみセルフケアを徹底的に!
  • ちょっとした日々の不調を自分で整えたい人
  • 両親が元氣で過ごせるように手助けしたい人
  • 家庭で子どもの健康を守る方法を知りたい人
  • 足もみ好きだが我流なので正式に学びたい人

20時間の講座で自分足もみ(セルフケア)と、家族の足もみ(簡単対人施術)ができるようになります。

目次
閉じる