「忘」1.17

阪神淡路大震災から、きょうで27年です。

当時は大阪の実家暮らしで、神戸の会社に勤めていました。

14日からの三連休でスキー旅行に出掛けていて、16日の夜中に長距離バスで大阪に戻り、就寝するころには日付が変わっていたと思います。

突然ドンドンドンと床下から突き上げられた振動で、わたしのからだも布団の中でバウンドして目が覚めました。

起き上がって布団の上で呆然としていると、部屋のドアをガンガン叩きながらわたしの名前を絶叫する父の声。

部屋の隅に置いていたチェストが反対側まで吹っ飛んで、倒れてきたタンスと合わさってドアをふさいでいたんです。

家中のあらゆるものが吹っ飛び、なぎ倒されて、中のものが床に散乱して砕け散っていました。

実家は大阪ですが、マンションの14階なので結構揺れたんだと思います。

一緒に暮らしていた両親と弟に大きな怪我がなかったのは不幸中の幸いでした。

あのとき家族がいてくれて本当に良かったと思います。

ご近所さんや友だち、会社の人だけでなく、たまたま居合わせた人同士、相手のためにできることを考えていたなぁと思います。

神戸の街は信じられない光景ばかりで、27年も経つと現実に起こったことなのかどうだったのか記憶が麻痺してきます。

でも、決して忘れないように。

人と人とのつながりを大切に。

「忘」1.17
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

自分と家族の足もみができるスキルを身に付ける

台湾の若石健康研究会が開発した、自分足もみに最適な足もみ棒(愛心棒)とオリジナルメソッドによる本格的な足もみ講座が京都で受講できます。

足もみセルフケアを徹底的に!
  • ちょっとした日々の不調を自分で整えたい人
  • 両親が元氣で過ごせるように手助けしたい人
  • 家庭で子どもの健康を守る方法を知りたい人
  • 足もみ好きだが我流なので正式に学びたい人

20時間の講座で自分足もみ(セルフケア)と、家族の足もみ(簡単対人施術)ができるようになります。

目次
閉じる