初級プロ養成講座【第10回目】

初級プロ講座は、1回2時間の講座が10回、全20時間でセルフケア(自分の足のもみ方)と対人施術(家族の足のもみ方)を学ぶカリキュラムになっています。

今回はいよいよ10回目。
30分の座学(実践と教育の重要性)の後、試験を行います。

筆記試験は、あらかじめ出題範囲をお伝えしているので、覚えていれば大丈夫な問題です。

ひねった問題はありませんが、反射区64個をすべて記入するなど問題の量は多めです。

真剣に問題に取り組む生徒さんと、静かに邪魔にならないように気配を消すきよみん。

初級プロ養成講座【第10回目】
落ち着いてがんばれ〜!

制限時間よりも早くできて、しっかり見直しをする余裕を見せる生徒さん。
毎回コツコツ復習をして、初級プロ以上の内容まで覚えて来てしまう努力家さんでした。
採点の結果、見事合格です!

ちょっと休憩をはさんで、次は実技試験。

セルフケア(自分の足のもみ方)と、対人施術(家族の足のもみ方)のうち、どちらで試験を受けたいか、生徒さんに希望をきいたところ、セルフケアで実施することになりました。

セルフケアは64の反射区すべてを、若石オリジナルの足もみ棒(愛心棒)を使ってもんでいきます。

反射区の位置、棒の使い方、もむ順番、からだの使い方(姿勢)などの項目をひとつひとつチェックします。

初級プロ養成講座【第10回目】
すでに完璧にマスターしている生徒さん

慣れた手つきで、流れるようにセルフケアを進める生徒さん。
これまで毎日セルフケアを実践してきたことがよくわかります。
実技も合格!

初級プロ養成講座【第10回目】
きよみんもうれしいのだ!

初級プロを修了すると「若石健康普及指導士」として、国際若石健康研究会 日本分会から正式な修了認定証が発行されます。

ご卒業おめでとうございます!

これからも一緒に足もみを極めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

自分と家族の足もみができるスキルを身に付ける

台湾の若石健康研究会が開発した、自分足もみに最適な足もみ棒(愛心棒)とオリジナルメソッドによる本格的な足もみ講座が京都で受講できます。

足もみセルフケアを徹底的に!
  • ちょっとした日々の不調を自分で整えたい人
  • 両親が元氣で過ごせるように手助けしたい人
  • 家庭で子どもの健康を守る方法を知りたい人
  • 足もみ好きだが我流なので正式に学びたい人

20時間の講座で自分足もみ(セルフケア)と、家族の足もみ(簡単対人施術)ができるようになります。

目次